私達個人も、自分たちが面倒と考えていることが、どうにかして自動化してくれたら、楽であると考えるかもしれません。例えば、食事をしたあとの皿洗いが面倒ならば、自動の食洗機を利用すると、皿洗いに掛かる時間が短縮できたり、その分をほかの家事を行うための時間に充てることが出来ます。

マーケティングオートメーションにおいても、その『時間が掛かる』部分を自動化することによって、皿洗いをするときに皿を落として割ってしまう、いわば人為的な『ミス』を最小限に抑えることができます。また、どの皿がどこにあるか分からなくなってしまわないようにするのと同じように、蓄積されたユーザーの情報に関する『分析』を正確にできます。これらが実現することによって、利益の向上や顧客の増加、マーケティング業務事態の効率化、生産性の上昇等が期待できます。

現在このマーケティングオートメーションを導入する企業が増加していますが、それは単に話題性に則っているのでは無く、それを利用することによってメリットがあることを実感しているからである、と言えます。では、そもそもマーケティングオートメーションには、どのような機能が搭載されているのでしょうか。