時代が発展して行くに従って、その時代に合わせた新しい何かというものが必要になってきます。もちろんそれらは互換性を保っている必要がありますが新しいことは良いことです。新しいのはそれだけで無くその周囲を取り巻く環境、手段というのも絶えず変化していきます。

当然ながら考え方も変わっていくので、それに合った新しい手法というのが必要になってきます。ある時代においては満足とされていた手段も、今現代に取ってみればその方法がかなり非効率なものでありベストな選択どころかより悪い状態にしてしまうようなこともあります。ですから、より新しい考え方、それを推し進めていくことによって、現代の社会でも生き残っていくことができるかもしれません。マーケティングについても、そう言えます。そしてそのマーケティングを発展させるためにマーケティングオートメーションがあります。

良いシステムを作るためには、計画が必要となります。そしてその計画を確実に遂行していく能力も必要となります。それらの中心にある業務において重要な点を自動化することができれば、より高い効率で業務を行ったり、それによって生産性を向上させることができるかもしれません。