さて、そもそもマーケティングといわれてもどのようなことをおこなえば良いのか、と思われるかもしれません。マーケティングには顧客の存在が不可欠なので、それら顧客に対して何らかのアプローチをおこなっていくこと、最近ではメールやSNSなどでアプローチを行います。それには、自社の提供する商品やサービスを提供することが関係しています。

また、それらの個人情報を管理すること、管理するのは個人情報だけでなくて、個人がどのようなことに関心を持っているか、どのようなコンテンツ、商品を購入したか、将来にはどのような関心を持ちそうか、といった様々な顧客情報を、『分析』すること、などが関係しています。データはただ存在していても意味がありません。それをマーケティングに実際に活用することで、意味があるようになります。

もしマーケティングオートメーションを導入することが出来れば、これらの、マーケティングの基本とも言える事柄を、まさに『オート化』することができるのです。これにおける利点は非常に多くあり、それらを全て人の手で行うときに発生する弊害から解放されるという点、またそれがより多くの人に知って貰う利益に繋がるという点などです。