ある企業が抱えている顧客が1万人いるとして、それら全ての事細かな情報を社員全員が共有するというのは現実的ではありません。あの顧客はどのようなことに関心があるか、どのようなページを何回見ているか、これからどのようなことに興味を持ちそうで、どのようなサービスに加入しそうか、これからどのようなマーケティングを行っていけば良いか、という点は、人間が管理出来ることではありませんから、いわゆるそれは『データ』として管理されます。

しかしただ単にそれがデータで格納されるだけでは意味がありません。実際にそれをマーケティングという機会において活用されなければ、意味が無いのです。さて、そのようなマーケティングには、重要なポイントがいくつかあります。そして、高い効率性が求められています。マーケティング活動には非常に複雑な要素が関係しており、それらを全て手作業で管理するというのは現実的では無い場合があります。管理する顧客のデータが多ければ多いほど、そう言えます。

そういった会社のために、『マーケティングオートメーション』があります。これは、その言葉通り、ある程度マーケティングにおける業務を、オート(自動)化する、と捉えていただくと良いでしょう。実際にマーケティングオートメーションを実行するとして、そこから得られるメリットは会社にとってたくさんのものがあります。そしてそれは、将来的な新しい顧客を得ることにも繋がります。