新時代のマーケティング

時代が発展して行くに従って、その時代に合わせた新しい何かというものが必要になってきます。もちろんそれらは互換性を保っている必要がありますが新しいことは良いことです。新しいのはそれだけで無くその周囲を取り巻く環境、手段というのも絶えず変化していきます。

当然ながら考え方も変わっていくので、それに合った新しい手法というのが必要になってきます。ある時代においては満足とされていた手段も、今現代に取ってみればその方法がかなり非効率なものでありベストな選択どころかより悪い状態にしてしまうようなこともあります。ですから、より新しい考え方、それを推し進めていくことによって、現代の社会でも生き残っていくことができるかもしれません。マーケティングについても、そう言えます。そしてそのマーケティングを発展させるためにマーケティングオートメーションがあります。

良いシステムを作るためには、計画が必要となります。そしてその計画を確実に遂行していく能力も必要となります。それらの中心にある業務において重要な点を自動化することができれば、より高い効率で業務を行ったり、それによって生産性を向上させることができるかもしれません。

導入するメリットとは

私達個人も、自分たちが面倒と考えていることが、どうにかして自動化してくれたら、楽であると考えるかもしれません。例えば、食事をしたあとの皿洗いが面倒ならば、自動の食洗機を利用すると、皿洗いに掛かる時間が短縮できたり、その分をほかの家事を行うための時間に充てることが出来ます。

マーケティングオートメーションにおいても、その『時間が掛かる』部分を自動化することによって、皿洗いをするときに皿を落として割ってしまう、いわば人為的な『ミス』を最小限に抑えることができます。また、どの皿がどこにあるか分からなくなってしまわないようにするのと同じように、蓄積されたユーザーの情報に関する『分析』を正確にできます。これらが実現することによって、利益の向上や顧客の増加、マーケティング業務事態の効率化、生産性の上昇等が期待できます。

現在このマーケティングオートメーションを導入する企業が増加していますが、それは単に話題性に則っているのでは無く、それを利用することによってメリットがあることを実感しているからである、と言えます。では、そもそもマーケティングオートメーションには、どのような機能が搭載されているのでしょうか。

マーケティングオートメーションの詳細

さて、そもそもマーケティングといわれてもどのようなことをおこなえば良いのか、と思われるかもしれません。マーケティングには顧客の存在が不可欠なので、それら顧客に対して何らかのアプローチをおこなっていくこと、最近ではメールやSNSなどでアプローチを行います。それには、自社の提供する商品やサービスを提供することが関係しています。

また、それらの個人情報を管理すること、管理するのは個人情報だけでなくて、個人がどのようなことに関心を持っているか、どのようなコンテンツ、商品を購入したか、将来にはどのような関心を持ちそうか、といった様々な顧客情報を、『分析』すること、などが関係しています。データはただ存在していても意味がありません。それをマーケティングに実際に活用することで、意味があるようになります。

もしマーケティングオートメーションを導入することが出来れば、これらの、マーケティングの基本とも言える事柄を、まさに『オート化』することができるのです。これにおける利点は非常に多くあり、それらを全て人の手で行うときに発生する弊害から解放されるという点、またそれがより多くの人に知って貰う利益に繋がるという点などです。

マーケティングオートメーションが必要なワケ

ある企業が抱えている顧客が1万人いるとして、それら全ての事細かな情報を社員全員が共有するというのは現実的ではありません。あの顧客はどのようなことに関心があるか、どのようなページを何回見ているか、これからどのようなことに興味を持ちそうで、どのようなサービスに加入しそうか、これからどのようなマーケティングを行っていけば良いか、という点は、人間が管理出来ることではありませんから、いわゆるそれは『データ』として管理されます。

しかしただ単にそれがデータで格納されるだけでは意味がありません。実際にそれをマーケティングという機会において活用されなければ、意味が無いのです。さて、そのようなマーケティングには、重要なポイントがいくつかあります。そして、高い効率性が求められています。マーケティング活動には非常に複雑な要素が関係しており、それらを全て手作業で管理するというのは現実的では無い場合があります。管理する顧客のデータが多ければ多いほど、そう言えます。

そういった会社のために、『マーケティングオートメーション』があります。これは、その言葉通り、ある程度マーケティングにおける業務を、オート(自動)化する、と捉えていただくと良いでしょう。実際にマーケティングオートメーションを実行するとして、そこから得られるメリットは会社にとってたくさんのものがあります。そしてそれは、将来的な新しい顧客を得ることにも繋がります。